太陽光発電の本当の口コミ2018年度版!業者の自作自演と真の情報

「太陽光発電って補助金がついてお得そうだけど、実際にはどうなんだろう?」

そんな気持ちで口コミサイトを探してみた方も多いのではないでしょうか。太陽光発電は政府の固定価格買取制度により、基本的には損をしないシステムになっています。

それでも実際に太陽光発電を購入された方の声は気になりますし、トラブルがあったとしたらそれを避ける方法も知りたいですよね。

導入には最低でも百万円以上かかる太陽光発電は、高額商品が故に契約トラブルも実は多く、2015年度だけでも3362件の相談が消費者庁に寄せられています。

せっかく電気代の節約や投資のため、そして何より子供たちの未来の為に大金を払ったのに、トラブルに巻き込まれたとしたらとても残念ですよね。実際に2011年にFITが始まって以降、太陽後発電業者の倒産数は毎年増え続けています。

詐欺や倒産の被害にあって

「騙し取られた2千万円で何が出来ただろう・・・」

なんて考える毎日をすごされている方も実際にいらっしゃいます。そうなったら太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー自体が嫌いになってしまうかもしれませんよね。

これは再生可能エネルギー投資を推進している私たちにとって一番残念なことです。
そこでこちらの記事では太陽光発電に関する口コミをあらゆる分野から集め、各事例を元にトラブルなどの避け方についてプロからアドバイスさせていただきました。

先人の経験を元に、ぜひ満足の行く太陽光発電の導入につなげ、自分のためそして子供たちの未来の為に再生可能エネルギーの導入を一緒に推進していきましょう。

1 良くて当たり前の太陽光発電自身の口コミ

 太陽光発電の口コミと言うと、大抵が「良かった」という情報にあふれています。しかし、固定価格買取制度は元々、太陽光発電設備を導入した方が儲かるように設計されており儲かるのはある意味当たり前です。

例えば平成29年度であれば、太陽光発電設備を導入すれば、投資額に対して10kW以上の全量買取なら5%、10kW未満の余剰買取なら3.2%の利回り(IRR)が出るように制度が設計されています。
参考:調達価格等算定委員会(第28回)‐配布資料
   資料2 平成29年度以降の調達価格及び調達期間についての委員長案)
   http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/028_02_00.pdf

これは国民全体から集めたお金(再エネ賦課金)を使って太陽光発電設備の導入者に配っているからです。制度として定められているなら、支払うだけではなくもらう側になりたいですよね。

ぜひ私たちと一緒に太陽光発電設備を導入して、日本のエネルギー自給率向上に協力しながらお金をもらう側に回ってください。

2 太陽光発電の口コミ情報の探し方

 太陽光発電に興味が湧いた際に、太陽光発電の口コミを調べる方は多いのですが、その口コミサイトの信頼性についてはあまり考慮しない方が多いようです。

中には口コミを装った詐欺まがいのサイトに騙されてしまい、口コミを信じたばかりに悪徳業者の被害に遭ってしまったという方もいます。

まずはこちらで口コミサイトの特徴と、口コミを読む際の注意点をチェックしておきましょう。

2-1  中立的な太陽光発電の口コミサイト一覧

  太陽光発電の口コミ風のサイトは多々ありますが、実際には業者が自社の宣伝をするために設けているサイトが多いため、第三者が自由に書き込める真の意味での口コミサイトは数える程度しかありません。

口コミサイトは誰が何のために運営しているのかを考えた上で、情報収集を行ってください。

2-1-1  被害情報なら国民生活センター

 http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/solar.html

国民生活センターとは消費者庁管轄の独立行政法人。厳密に言うとこちらは口コミサイトではなく被害情報サイトです。太陽光発電の主に訪問販売による契約に対する苦情が寄せられています。

グラフは国民生活センターの資料より筆者が作成

訪問販売による被害はグラフの通り年々減少傾向です。また、業者の情報だけを鵜呑みにするいわゆる“情報弱者”だけが被害に遭うので、こちらのページに辿り着いた皆様であれば大丈夫かと思いますが、念のため以下のような苦情例があるのは予め知っておいて下さい。

苦情の例
• 訪問販売で契約した太陽光発電システムを解約したら高額な違約金を請求された。支払う必要があるのか。
• 地上設置型の太陽光発電システムを購入した。実際の発電量がシミュレーションと比べて少ない。だまされたと思い納得できない。
• 訪問販売でソーラーシステムを契約したが、翌日にクーリング・オフを告げたら書面を送らないでほしいと言われた。送らなくてよいか。
• 太陽光発電装置を取り付けたが、通電許可が下りないため売電ができず、発電装置の設置費用の支払いが苦しい。なんとかならないか。
• 訪問販売で太陽光発電と電気温水器の契約をしたが、解約したい。クーリング・オフを申し出たところ、工事費は負担するように言われたが、支払わなければならないか。
• ソーラーシステムが壊れた。保証期間内なので修理を頼みたいが、業者が倒産している。保証を引継いだ業者を知りたい。
• 高齢の母が訪問販売で高額なオール電化工事の契約をし、一部工事が行われた。太陽光パネルを解約したいが可能か。
• 昨年、電気の売却で実質負担が0円と勧誘を受けて高額な太陽光発電システム一式を申込んだが、未だに売電ができず困っている。
• 自宅にソーラーパネルの設置をしたが、販売事業者が電力事業者に売電手続きを行なわず売電契約ができない。どうしたらよいか。
• 事業者に訪問され、太陽光発電の調査をすると言われた。契約するつもりはなかったが、調査だけならよいと了承した。調査の数日後、夜に事業者が来訪して太陽光発電を勧めてきた。断ろうとしたが、事業者が帰らないので仕方なく契約をした。解約したい。

2-1-2 仮名での口コミなら価格.com

  http://bbs.kakaku.com/bbs/-/BBSTabNo=65/

 電気製品の価格比較ウェブサイトです。太陽光発電自体の価格の比較は掲載されていませんが、ほぼ毎日、クチコミ掲示板において多数のクチコミ情報が寄せられています。

相談件数も回答件数も多いのですが、匿名性であるため間違った意見や業者が自社への誘導のために書いているような回答も見受けられます。

複数の口コミを参考にするなどして、誤った情報を掴んでトラブルに巻き込まれ内容注意して下さい。

2-1-3  口コミの老舗サイト Yahoo知恵袋 太陽光発電に関するQ&A

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB
 

 検索情報サイトの老舗、Yahoo Japanが運営する参加者がお互いに知恵や知識をQ&Aで共有するサイトです。
匿名性であるため、内容としては価格.COMと変わりませんし、価格.COMに比べて投稿数も少ないです。価格.comで情報が見つからなかった時に補助的に使うのがいいでしょう。

2-1-4  実名の口コミは太陽光発電ムラで

   https://www.facebook.com/groups/156300574557387/

 私が代表を務める任意団体「太陽光発電ムラ」のFacebookグループです。Facebookなので本名での登録が必要ですが、その分、信頼性の高い情報が集まります。

太陽光発電ムラは反対運動ではなく具体的に太陽光発電所の設置によって、日本の、そして世界の再生可能エネルギー導入の推進をはかるために活動しています。

そのため入会リクエストをして自己紹介をして頂ければ無料でどなたでも入会できます。こちらのグループ内での商行為は一切禁止となっておりますので、悪質なサービスに引っかかるような可能性も非常に低くなります。

会員同士の直接のやり取りは禁じていませんが、当然その際に悪質なサービスに勧誘される可能性はゼロではありません。自己責任でお願いします。

2-1-5 匿名で投稿してプロに答えてもらうなら太陽光発電ムラ ムラびと相談所

 https://solar-club.jp/member/forum/?post_type=forum

 こちらも私が代表を務める任意団体「太陽光発電ムラ」のQ&A掲示板です。無料会員登録しなければ回答内容は見れませんが、会員制であるのでプロの立場から丁寧にお答えさせていただいています。

まだコンテンツは少ないですが皆様のお役に立てる内容となっておりますのでぜひご活用下さい。

2-1-6 詐欺や悪徳業者検索なら2ちゃんねる

  http://2ch.sc/

 掲示板の老舗サイト。「ハッキング」から「今晩のおかず」までと掲げる通り太陽光発電を含めたあらゆるジャンルの情報が集まっています。

投稿にIDがいらない匿名性掲示板のため最低限の事を自分で調べないような質問者には、容赦ない罵声が書き込まれたりする一方、最新の情報や珍しい情報を持っている方も少なくないため、特に詐欺や悪徳業者情報の検索に私も活用させていただいています。

最近は契約上の問題から訴訟が起こり、以前のアドレスが5ちゃんねるhttps://2ch.net/)となって運営されていまが、利用方法としては特に変わりはないので両方で調べてみることをお勧めします。

2-2  悪い口コミの見つけ方
 

 太陽光発電の口コミを検索しようとすると、「太陽光発電 口コミ ◯◯◯株式会社」など、会社名が検索キーワード候補に挙がります。

このように検索すると、悪い噂がある会社は確かに調べることが出来ますが、そのような会社は自身の評判が悪いことが自分たちでわかっているので、お金を出して対策をしていることがあります。

具体的にはGoogle検索の結果の順位を下げて目立ちづらくさせています。業者に頼む際に、順位を下げようとすればするほど費用がかかるので、大抵は4ページ目(31位以降)までくらいには悪い情報が出てきてしまうようです。

3 太陽光発電の口コミ実例とその対策

 こちらでは太陽光発電の口コミサイトに実際に投稿された質問に対し、プロの立場から回答させていただいています。ぜひご参考にしてみて下さい。

3-1  おすすめ業者の自作自演に注意

Q 太陽光発電を取り入れたいと思っているのですが、どこの業者さんに見積もりをお願いするといいのかを教えていただきたく、投稿しました。
まだ図面すらできていない状態ですが、どこかオススメの業者さんがあれば教えていただきたいです。

一応一括見積もりはしようと思っているのですが、その中でもここは安くてかつ安心だと言えるところがあれば教えてください。お願いします。

参照元 http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=20616600/

A こちらの回答には具体的な業者が挙がっていましたが、他の質問にも同じ方が同じ業者名を挙げていましたので、業者のスタッフからの書き込みである可能性も否定できません。

結論として一番いいのは施工の腕がいい業者に、一括見積の結果を元に価格交渉するのが一番おすすめです。詳しくはこちらの記事をご参照下さい。

参考 太陽光発電の施工店が泣いた100万円値引きさせた一括見積もり活用術https://taiyou-hatsuden.jp/negociate-1million-yen-discount-of-photovoltaic-quotation-534

 

3-2  金融機関は自分の意志で選びましょう

Q 産業用太陽光をごく最近考え始めまして、ある業者に「物件を紹介して欲しい」とメールした所、まず融資可能か調べたいので書類を送るとローンの申し込み用紙が3社分送られてきました。信販会社に電話で確認した所、用紙に書き込む=融資の申し込み 事前審査は行なっていないとのことでした。

また、私は大阪に住んでいまして、その会社は兵庫県しかし、担当になる人は東京勤務の方その会社のホームページなど見て、ぜひこの会社にお願いしたいと思ったのですが、不信感が湧いてきました。信販会社の方にも、そこの会社に頼んでも常に不信感が付きまといますよと言われたのですが、その会社 諦め難いです。まず融資の申し込み、審査をしてから、物件の紹介と言った段取りで産業用太陽光を始めた方いらっしゃいますでしょうか?

参照元 http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=21288929/#tab

A 見た目が立派なホームページは数日で作れますので、ホームページだけで業者を評価するのは非常に危険です。出来る限りその会社の客観的に評価できる実績を探りましょう。施工件数や施工現場、具体的にその業者に依頼をしたことがある方の感想などがあればベストです。

また、いきなり信販会社の利用が前提というのも乱暴なお話ですし聞いたことがない事例です。金融機関の選択は購入者の意思により行われるべきですし、なるべく融資難易度が高く金利が低いところから借りないと、投資用太陽光発電所の醍醐味である「信用の蓄積による複数基の所有」が難しくなってしまいます。

融資に関してはこちらの3章の記事も参考にしてみて下さい。
参考 初心者が1年で元本を半分回収した太陽光発電投資方法を完全公開
https://taiyou-hatsuden.jp/method-of-solar-power-investment-by-beginner-invester-352#1-1

3-3 パネル情報は工場を訪問している業者に聞く

Q レネソーラーというパネルについて教えてください。 取引実績のないなんちゃって法人でも、現金払いなら255w 1枚20400円で売りますとのことなので検討中ですが、施工業者さんが言うには20年使うなら信頼性が大事なので安易に安さに走るべきで無いとのこと。

良い評判も悪い評判も聞かないので、使ったことがある方がいたら教えていただけないでしょうか。それと、パネル業者さんが言うには、来年初頭から我が社を含む中華パネル業者は為替の関係で1wあたり10円以上、価格を一斉に上げることを検討してる『らしい』から倉庫を借りてでも今買ったほうが安くなると言われました。

実際のところどうなんでしょうか?アドバイスをお願いします。
参照元 https://www.facebook.com/groups/156300574557387/permalink/308984629288980/

A こちらは2014年に頂いた質問でしたが、私は以下のようにお答えしました。

「栃木に中国と同等の工場があるので見に行くと良いかと。私も見に行きました。 そして私(当社)は取り扱っていません。」

そしてこの3年後、こちらのメーカーは日本から撤退してしまいました。
参考 産経ニュース 中国の太陽光関連企業の日本支社が撤退か ビルの一室はもぬけの殻 本社からはアナウンスもなくhttp://www.sankei.com/economy/news/171126/ecn1711260009-n1.html

パネルメーカーの情報は実際に現地を訪問したり、業界内で盛んに情報交換をしたりしていないとなかなかつかめません。また、パネルのトラブルは販売業者ではなくパネルメーカーが負う事になりますので、販売業者はうまい事を言って売ってしまえばその後の責任は回避できてしまいます。

パネルメーカーの調べ方にはこちらの記事をご参照下さい。

参考 発電量だけで選ぶと失敗する?プロ直伝の得する太陽光パネルの選び方
 https://taiyou-hatsuden.jp/how-to-choose-a-solar-panel-1007

3-4 運用のコツは資格ではなく正しい知識

Q 自分でメンテナンスしようとメンテナンス技士の資格(70.000円)を取得しようと思い立ったのですが、ソコはプロに任せた方が良いでしょうか?

参照元 https://www.facebook.com/groups/156300574557387/permalink/808761359311302/

A 2018年2月現在、太陽光発電のメンテナンスにおいて必須となっている資格はありません。民間の資格がいくつか出ていますが、それよりは第二種電気工事士を取得する事をお勧めしています。

詳しくはこちらの記事をご参照下さい。

参考 無駄を排除し最小リスクで最大利益を得る太陽光発電所のメンテナンス
  https://taiyou-hatsuden.jp/maintenance-of-solar-power-plant-1181

3-5 過積載については基本的に自己責任で

Q Qセルズの太陽光パネルの設置を検討しています。
工事店から頂いている構成は以下の通りです。
パネル・・・Q.PEAK-G4.1 × 28枚・・・8.4kw
パワコン・・・KP40K3-HQ × 2基・・・8kw(オムロンのOEMのようです)

イニシャルコスト・維持コストを抑える目的で過積載を行いたく、調べたところ、オムロン製屋外設置型のパワコンのKP55M2は過積載にも対応しておりましたので、この件を工事店に問い合わせたところ、「住宅用途は、メーカーが過積載を認めていない」とのことで対応不可とのこと。

いまいち納得がいかなかったので、質問させていただきました。コメント、アドバイス等あればお願いします。

参照元 http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=21532527/

A 低圧の投資用太陽光発電所における過積載が始まった頃は、殆どのパワコンメーカーが過積載をした際の事故に対する補償についてはリスクがあるので明言しませんでした。

しかし、最近は販売競争が激化してきたため、パワコンメーカーも過積載について明言するようになってきましたが、安全マージンを削ることになりますのでもちろん推奨はしていません。

特に家庭用となると事故が起きた際には人の命に直結します。メーカーが認めた所で仮に火事になった際に補償金は出ますがもちろん人の命は補償できませんのでメーカーに従っておいたほうが懸命かと存じます。

過積載についてはこちらの記事もご参照下さい。
参考 太陽光発電のプロが全部教える!1029万円得する過積載の教科書
 https://taiyou-hatsuden.jp/how-to-overload-pv-panel-903

3-6 買取価格を下げていくのがFITの目的

Q 太陽光発電に関して2018年度にも産業用の買い取り価格を現在の1キロワット時21円から同20円弱になるそうですが、確か当初42円だったと思いますが、、、
財政破綻ですか?

 参照元 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14180398709

A 固定価格買取制度(FIT)は、エネルギー自給率の向上、地球温暖化対策、産業育成を図ると共に、コストダウンや技術開発によって、再生可能エネルギーが日本のエネルギーを支える存在となることを目指し作られたものです。

よって毎年の再生可能エネルギーの買取価格が減少していくのは当初から決まっていたことであり、将来的には太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーによる発電がFITなしでも成り立つ事が求められています。

3-7  メーカーの組み合わせはプロに聞いて下さい

Q 野立て太陽光の導入を検討しています。敷地は350㎡程度、日当たり良好で周囲に影を落とすような障害はありません。敷地は南北:東西=2:1ぐらいの矩形形状です。大体パネル30kW、パワコン22kWで検討を進めています。

みなさんでしたらどのメーカーのパネル・パワコンを選定しますか。太陽光未経験ですので、ご意見いただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

参照元  http://bbs.kakaku.com/bbs/-/BBSTabNo=65/Page=11/SortRule=1/ResView=all/#21434465

A ご参考までに私が2018年度に設置する発電所計画に導入したパネルはSunpowerの340W、パワコンはHUAWEIの33.3kWです。

パネルメーカーとパワコンメーカーの最適な組み合わせはプロでも悩むところです。事業性を重視するか安定性を重視するかによっても違いますし、業者ごとに安く仕入れられるパネルやパワコンにも違いがあります。

以下のページをご参考にご自身で最適な設計をしてみるか、お問い合わせページからご連絡を頂ければ、最適な設計をご提案させていただきます。

参考 誰でも簡単に出来る太陽光発電投資の発電量&事業シミュレーション
 https://taiyou-hatsuden.jp/solar-simulation-1209

   太陽光発電ムラ市場 お問い合わせページ
 https://ichiba.solar-club.jp/contact/

4まとめ

  • 太陽光発電の口コミは良くて当たり前です
  • 自作自演が出来る匿名性の口コミには十分注意して下さい
  • 匿名、実名の投稿サイトそれぞれの良さを利用しましょう